2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.30 (Fri)

タグラインを活用せよ!

手軽に出来る「プチ整形」をあなたも体験して見ませんか?
今なら「10%割引クーポン」プレゼント実施中!
整形体験者1000点以上の写真を掲載の「湘南美容外科クリニック」
インターネットで無料診察予約も出来ます。






タグラインを活用せよ!




タグラインとは、ホームページの上の方に1行だけ書く、そのページの紹介文のことです。

たった1行の仕掛けですが、このタグラインというものは、それをつけるだけで、様々なメリットがあります。

ホームページは、訪問者がまずそのページに興味を持つかどうかという所で、その後のアクセスが大きく違ってきます。この興味を持つかどうかの判断は、ほんの数秒で完了すると言われています。

つまり、訪問者はまずそのページに飛んでくると、そのページをちらっと見ただけで、それが自分の興味の対象であるかないか判断するのです。

そして、当然そこで興味を持たないと、「戻る」ボタンでそのページから去ってしまいます。

ここで、訪問者が興味を抱かない理由はいくつか考えられますが、その1つに、


内容を読むのがわずらわしい


ということがあります。

仮に、すばらしいサイトであっても、説明文が延々と続き、最後まで読まないと趣旨が分からないようなサイトは、そこで興味を失う可能性が高いということです。


そこで、タグラインの登場です。


これは、できるだけ1行で、簡潔に書くことをお勧めします。つまり、そのページの内容説明を読ませる前に、ぱっとサイトの概要を見せてしまうのです。

ちょっとした工夫ですが、訪問者にとってはそこでまず瞬時に判断できるわけですから、その後に長文が続いたとしても、興味を持って読んでくれるかもしれません。

内容に興味がない訪問者は当然ながら去ってしまうでしょうが、好感度アップは間違いありません。

そして、メリットはもう1つあります。

それは、SEO対策としても、プラスになる可能性が高いということです。

サーチエンジンのロボットは、ページの先頭に近い単語ほど、重要語句と判断すると言われています。

つまり、ページの先頭に概要を書いておくというのは、簡単に言うと検索サイトに検索されやすくなるということなのです。

SEO対策はまだ自分にはレベルが高いのでちょっと・・

という方でも、まずは騙されたと思ってぜひトライしてみてください。少なくとも、デザインに影響すること意外、デメリットは全くありません。特に、アフィリエイト収入アップとアクセスアップを目指すのであれば、デザインよりも優先されるべきものと思います。




オリジナルページ:週末起業できる!アフィリエイト×アクセスアップ
http://www004.upp.so-net.ne.jp/htkt/memo/1-19.htm

出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]
著者:htkt [ 作成:2007-01-21 ]
http://www.freearticle.jp/contents-62.htm

スポンサーサイト

テーマ : 商品紹介 ジャンル : アフィリエイト

10:06  |  アクセスアップ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.28 (Wed)

ブログに学ぶアクセスアップの秘訣

ブログに学ぶアクセスアップの秘訣




ブログという言葉もだいぶ認知されるようになってきましたが、認知されるということは、それだけブログが有名になってきたわけで、その裏にはブログがよく読まれている=かなりアクセスを得ているという実態があるからなのです。

それでは、なぜブログがこれほどまでにアクセスを得ることができるのでしょうか?私なりに分析してみましたのでご覧ください。


■コンテンツが多い

ブログは、手軽に、誰でもホームページが持てるように生み出されたシステムです。

レイアウトやサイトナビゲーションは、プロが練りに練ったものが最初からそろっており、利用者はこれを手軽に利用することができます。そして、内容を専用フォームで入力するだけで、あっというまにデザインの優れたページが1ページ出来上がってしまいます。

つまり、ナビゲーションにいちいち気を使わなくていいところが、ブログの大きな利点の1つです。

しかも、このナビゲーションはただのナビゲーションではありません。ブログの顧客争奪戦の中で、プロが頭をひねって一生懸命作っているナビゲーションです。そこにはコンビニのレイアウトに通ずるノウハウがぎっしり詰まっているはずです。

そして、さらにそのおかげで、サイト製作者は、コンテンツの製作に全力投球することができます。それだけ、ブログはコンテンツを充実させやすい環境が整っており、コンテンツの割合も通常のサイトより多くしやすいのです。


■その人の生の声がきける

ブログは、「気軽に」が売りのシステムです。つまり、書く側にも気負いがいりません。ですので、肩肘張らずに、自由に意見を書ける雰囲気があります。

それだけ、その人の生の声に近くなり、それが共感を生む原動力ともなっています。

この生の声に近ければ近いほど、記事は面白くなります。なぜなら、個性というものは、その人オンリーワンのものだからです。

例えばネットで買い物をする場合、その商品を売っている会社のページに行ったとしても、その商品が実際に使われた時に評価が高いかどうかまでは分かりません。仮にそのような情報が載っていたとしても、信頼に値するか疑問です。

その点、ブログにその商品を使った感想などが書かれていると、非常に信憑性が高いものになるわけです。ですので、アフィリエイトをするにしても、何か商品の紹介などをすると、これから買おうとしている人に、オンリーワンの情報を提供することができ、非常に都合がいいのです。


■相互リンクシステムが備わっている

ブログには、その記事に対する書き込みや、トラックバックという、記事そのものにリンクを自動的に張ってしまうという、便利なシステムが最初から用意されています。これは、通常のページには無い特徴です。

アクセスは、基本的にリンクからやって来ます。このリンクを貼るシステムが発達しているために、あまりアクセスアップに意識しなくても、記事が面白いものであれば勝手に投稿やトラックバックが増えて、アクセスアップしていくという、非常に合理的なシステムになっているのです。

また、記事を投稿すると、自動的にそれがあるコミュニティで紹介されたりするブログもあります。つまり、通常のホームページでは、どんなに内容が充実したサイトを作っても、何もアクションを起こさなければ最初は全く訪問者0の状態ですが、この場合、その心配がありません。


■更新スピードが速い

前述の通り、ブログはレイアウトやナビゲーション作成に時間を費やす必要がありませんので、その時間を記事の作成に当てることができます。その分、更新スピードは速くなるのです。


以上、まとめますと、

> ページデザインに時間を割く必要がない

> 生の声が聞ける

> 画期的な相互リンクシステムが備わっている

> 速い更新スピード


という特徴があることが分かります。


逆に、この利点を参考にすると、アクセスアップしやすいページというのは、

> コンテンツが多い

> オンリーワンの記事が多い

> より多くリンクされている

> 速く更新される


という特徴があるサイトになると思います。




オリジナルページ:週末起業できる!アフィリエイト×アクセスアップ
http://www004.upp.so-net.ne.jp/htkt/memo/1-20.htm

出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]
著者:htkt [ 作成:2007-01-14 ]
http://www.freearticle.jp/contents-22.htm

テーマ : ☆★手作り仲間★☆ ジャンル : 趣味・実用

01:20  |  アクセスアップ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.27 (Tue)

ページを多く作ることのメリット

30日間無利息!ネットキャッシングのキャレント


ページを多く作ることのメリット




「ページを多く作る」ということには、こんなメリットもあります。

それは、

検索サイトからの訪問者を増やす効果がある

ということです。

「検索サイトから訪問者を多く得る」ということは、「検索に対して、あなたのページがより上位に表示される必要がある」ということでもあります。

しかしながら、「ページが多い」ということがイコール、「検索で上位に表示される」ということではありません。

それでは、どういうことか?もう少し掘り下げてみましょう。

検索を考えてみてください。

検索は、必ず、「検索される単語」すなわち、検索ワードを入力することで成り立ちます。

そこで表示されるページは、その検索ワードを反映させたページとして、検索サイトがよりよいと判断した順に並びます。

つまり、検索サイトは、事前に、あらゆるページの、どの単語がどのくらい重要なのかを判断しているということになります。

つまり言い直せば、検索サイトに対して、

ページの得意とする単語、不得意な単語がある

ということになります。

仮に、あなたのサイトに1つのページしかなかった場合を考えてみましょう。

そのページが不得意とする単語で検索された場合、当然ながら上位に表示されることはまずありません。

しかし、サイトに多くのページがある場合、あるページが不得意な単語であっても、他のページが得意とするかもしれません。多くのページがあればあるほど、その可能性は高くなります。

つまり、ページが多くあるということは、

訪問者が検索するであろう様々な検索ワードに対し、ページの集合体として、上位表示される確立を高めることができる

ということになるのです。




オリジナルページ:週末起業できる!アフィリエイト×アクセスアップ
http://www004.upp.so-net.ne.jp/htkt/memo/3-106.htm

出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]
著者:htkt [ 作成:2007-01-23 ]
http://www.freearticle.jp/contents-68.htm

テーマ : 新車・ニューモデル ジャンル : 車・バイク

23:34  |  アクセスアップ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.27 (Tue)

なぜアクセスアップしたいの?

ガッチリ稼ごう!【ヒューマネット】




なぜアクセスアップしたいの?




そもそも、なぜアクセスアップしたいのか。

この疑問に対する答えは、ホームページを作っている本人であれば当然分かっていることだと思いますが、ここで改めて再認識しておきましょう。

「ホームページを公開したので人に見に来てほしい。」

それは、分かります。でも、なぜ来てほしいのですか?

まず、アクセスアップを考えている方のサイトは大きく2種類に分かれると思います。

それは、ネット収入を目的にしているか、いないかです。

アクセスアップの目的意識がはっきりしているのが、前者のサイトであり、割合が多いのも前者のサイトではないかと思います。

しかしながら、アクセスアップに成功しているか、というと、おそらくその割合が多いのは、後者のサイトです。

なぜでしょうか。

その理由は色々と考えられます。

まず、後者のサイトは収入というものを考えていない為、収入に対する下心が全くないということや、アクセスアップに対する気負いがあまりないということ。

また、サイトには広告が全くないので、デザインがすっきりとまとまっており、必要最小限の情報しか掲載されていない。したがってナビゲーションも分かりやすい。などなど・・

意識をせずとも、アクセスアップする要素がある程度確立されているわけです。

それに対して、前者のサイトは、コンテンツの他に、「収入」というものを考えていかなければいけません。

コンテンツに割くべき時間をある程度そちらに振り分けなくてはいけないため、どうしても本来のコンテンツが弱くなりやすいのです。(コンテンツ=商品となっている場合は別です)

他にも、広告の貼り付けや、その広告に誘導させるための仕掛け作りなど、これもコンテンツとは関係ないものをサイトに入れ込んでいく必要があります。

しかし、これらは、TVのコマーシャルのようなもので、本来訪問者が見たい情報ではありません。

また、訪問者は意外と敏感です。あまりにも広告に力を入れすぎてしまうと、「売ろう」という下心が出てしまうときがあります。

それを読まれてしまうと、当然、人気は落ちてしまいます。

つまり、人気を落とす要素を、知らないうちに作ってしまいやすい、というのが前者のサイトの特徴だと思います。これは、「アクセスアップ=人気」でも書いている通り、アクセスはそのサイトの人気の裏返しでもありますので、アクセスアップにとっては致命的です。

私は、次のようなものは、人気に歯止めをかけてしまう要素ではないかと思います。

折込み広告のような大きな文字の羅列

ページいっぱいに敷き詰められたバナー広告

絶対得をする。などという過剰で甘い宣伝文句

おいしい話には裏が・・ではないですが、過度の宣伝文句は、逆にうさん臭さを出してしまいます。

つまり、収入目的のサイトを作るなら、収入を得たい!という思いがあっても、それをぐっとこらえて、あくまで純粋に、「有益な情報・サービスを提供したい」という思いの延長線上にネット収入を位置づけられるかどうかが、アクセスアップし、収入も増えるサイトになるかどうかの分かれ目になるのではないかと思います。




オリジナルページ:週末起業できる!アフィリエイト×アクセスアップ
http://www004.upp.so-net.ne.jp/htkt/memo/1-11.htm

出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]
著者:htkt [ 作成:2007-01-13 ]
http://www.freearticle.jp/contents-2.htm

00:13  |  アクセスアップ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.24 (Sat)

アクセスカウンターを回すだけ?

すべてのサービスが無料体験できる!

プロバイダーならインターリンク。






アクセスカウンターを回すだけ?




サイトを訪れる訪問者の数を測定するのに、よく、アクセスカウンターが使用されると思いますが、よく、この数字だけを上げることのみに執着してしまう人がいます。

しかし、アクセスカウンターはあくまで目安であって、それが本当の意味での訪問者数をカウントしているわけではないということを認識しておく必要があります。

いくら訪問者のパソコンに表示されたからといって、それが全く見られないまま閉じられてしまう可能性も考えられます。

訪問者についても、自分のサイトの内容に興味を持ってくれる人が多ければよいのですが、そうでない人が大半だった場合、当然そのカウントはあまり意味を成しません。

特に、一定時間でサイトが表示されるタイプのトラフィックエクスチェンジツールなどは、効果が全くないというわけではありませんが、訪問者を千人単位で獲得したとしても、なかなかその後のリピーターに繋がっていきません。

なぜなら、そのツールを使っている他のユーザーも、自分のサイトにアクセスを獲得したいと思っている方が大半だからです。

それじゃ、アクセスカウンターなんて、意味ないじゃん!

とお思いの方、それも間違っています。

いや、正確には、

「カウンターを回すだけのアクセスカウンターをお使いであれば、それは間違っています。」と言い直します。

なぜなら、アクセスカウンターは、高機能なものになれば、訪問者の情報をある程度特定できるような機能を持ったものも存在するからです。

毎日カウンターとだけにらめっこしているだけだとしたら、あなたのサイトに必要な、有益な情報をみすみす見逃しているということであり、

非常にもったいない!

と思います。




オリジナルページ:週末起業できる!アフィリエイト×アクセスアップ
http://www004.upp.so-net.ne.jp/htkt/memo/1-23.htm

出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]
著者:htkt [ 作成:2007-01-13 ]
http://www.freearticle.jp/contents-3.htm

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活 ジャンル : ペット

21:00  |  アクセスアップ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.24 (Sat)

アクセスアップ=人気





アクセスアップ=人気




ホームページとは、インターネット上の、いわば「本」のようなものです。

私たちは、インターネットに接続されたパソコンや携帯を使えば、世界中のありとあらゆる本が並んでいるであろう本棚にアクセスすることができます。

そして、その本は、現実世界の本のように、一度読んでしまえば終わり、というわけではありません。

時には、ページが増えたり、表紙がきれいに装飾されたり、手に取るたびにそれは刻々と形を変えていきます。

あなたの本を、手に取りたいと思わせること。

それが、「アクセスアップ」です。

しかし、この本棚には、1つ大きな欠点があります。

それは、本が整理されて並んでいないということです。

それどころか、本を取り出したその奥に、また本が並んでいたりします。

いわゆる、ぐちゃぐちゃ状態です。

こんな劣悪な、しかも巨大な本棚の中で、自分の本を手に取ってもらうというのは、それだけでも非常に大変なことです。

アクセスアップが難しい、といわれるゆえんはここです。

でも、あきらめてはいけません。その方法は確実にあります。

これだけは絶対に必要だといえるものをお教えしましょう。

それは継続と改良です。

アクセスアップに失敗している人は、9割がた確実にここで挫折しています。

「すぐアクセスアップできると思ったんだけど・・」

「どうせ、センスがないから・・」

両方とも、間違っています。

まず、すぐにアクセスアップするなんていうことは、お金をかけない限り、絶対にありえません。アクセスアップにはどうしても時間と積み重ねが必要です。これは、アクセスアップに成功した誰もが言っていることでもあります。

そして、ホームページを改良するというのは、別にすばらしいページにするという意味ではありません。前のページと何かを変えていくだけでよいのです。

何かを少しずつでも作り変えていくことによって、アクセスしてくれる人の反応が変わります。自分の中でも何かが少しずつ分かってきます。

しかも、これらは、週末程度で、空いている時間を見つけて、少しづつやる程度で十分なのです。

ホームページは逃げませんし、早く更新したところで、訪問者の反応が分かりません。

アクセスアップの本質とは、何なのか?

「ホームページの人気」

なのだと、私は思います。

人気の出る素質のあるホームページは、手にとってもらえるようになります。そして、1人に気に入ってもらえるようになれば、だんだんと、人の方からあなたの本の前に集まってきてくれるようになります。そして、アクセスアップしていくのです。

たったこれだけのことです。

なーんだ、と思われるかもしれませんが、このように考えると分かりやすいと思いませんか?




オリジナルページ:週末起業できる!アフィリエイト×アクセスアップ
http://www004.upp.so-net.ne.jp/htkt/memo/1-10.htm

出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]
著者:htkt [ 作成:2007-01-13 ]
http://www.freearticle.jp/contents-1.htm

テーマ : お小遣い ジャンル : 株式・投資・マネー

20:56  |  アクセスアップ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.22 (Thu)

最初は簡単アクセスアップから

━━━━━━━━ 「A8.net」ならメリット盛りだくさん!!━━━━━━━



 ◎3000社を超える広告主の中から、好きな広告素材が選べる!

 ◎一流企業の広告を、あなたのサイトやメールマガジンに掲載できる

 ◎月々数十万円の高額報酬を得ている会員が続々誕生!!

 ◎成果報酬型だからアクセス数の少ないサイトでも問題なし!!

 ◎もちろん会員登録は無料。その後も費用は一切かかりません

 ◎すでに60万サイト以上のホームページ・ブログ・メルマガが参加

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







最初は簡単アクセスアップから




サイトは、それがどんなにすばらしサイトでも、どこからもリンクされていない状態では、全くアクセスを得ることができません。

リンクというのは、ホームページの「道」です。

逆に言えば、この「リンク」をより多く獲得することができれば、よりアクセスアップするということに他なりません。

しかし、そのためには、まずは何らかの方法であなたのサイトに訪問者を導き、あなたのサイトをブックマークしたいか、リンクしたい、と思わせなければいけません。

そのためには、最初の起爆材がどうしても必要です。

どこにも公開されていないサイトは、いわば「火のついていない薪」です。それに一度火をつけない限りは、火は燃え広がっていかないのです。

その最初の起爆材になりえるのが、このページでご紹介する簡単アクセスアップサイトです。

このサービスは、ほとんど無料のサービスが多いのですが、リンクとは違った方法で、あなたのページを広く紹介する仲介役を担ってくれるのです。

私も、当初サイトを軌道にのせるまでは、毎日のようにアクセスしていました。(そして、そのサイトがヒントとなって、ヒット商品を生み出すことができたわけですが)

これからご紹介するサービスは、「トラフィックエクスチェンジ」と呼ばれています。

「トラフィック」とは、直訳すると「交通」、「エクスチェンジ」とは、「交換」のことです。

つまり、「交通交換?」となりますが、すなわち、

「サイトを紹介したい人同士が、お互いのページを見せあう」

というものです。

これは、他の方のサイトを見ることで、逆に勉強にもなりますので、一石二鳥な部分もあるのです。

それでは、私のお世話になったサイトなどをご紹介したいと思います。

アクセスアップ・ワークショップ

http://htkt2004.ddo.jp/

WEBCLICKERS.NET

http://www.webclickers.net/

クリックアップ!

http://it-web.ddo.jp/search/clickup/system/

カチッとな

http://www.datas.jp/up/

Site-Turns

http://www.site-turns.com/

MAGICAL SURF

http://nuclear.dip.jp/~magicash/surf/




オリジナルページ:週末起業できる!アフィリエイト×アクセスアップ
http://www004.upp.so-net.ne.jp/htkt/memo/1-25.htm

出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]
著者:htkt [ 作成:2007-01-13 ]
http://www.freearticle.jp/contents-4.htm

テーマ : 医療業界 ジャンル : 就職・お仕事

22:18  |  アクセスアップ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.22 (Thu)

Googleに学ぶアクセスアップのポイント






Googleに学ぶアクセスアップのポイント




まず、基本的なところから考えていきましょう。

どのようなページがアクセスを得る=いわゆる、人気のあるページになるのでしょうか?

かっこいいページでしょうか?

それとも、コンテンツが充実しているページ?

さまざま、思いつきそうですが、実際に莫大なアクセスを得ているページを参考に、考えてみることにします。

ここでは、例として、皆さんご存知のGoogle検索サイトを例に挙げてみます。ここは、「アクセス」というものを考える上で、非常に興味深いヒントが多く隠されています。

Google検索が現在、どのくらいのアクセスを得ているかご存知でしょうか。なんと、月に約12億アクセスあるそうです。(ネットレイティングス調査:2005年10月時点)

つまり、Google検索は、世界的に見ても、アクセスアップに最も成功しているサイトの1つです。

なぜ、これほどのアクセスを得ることができるのでしょうか?

その謎に迫ってみましょう。


まず、Google検索を見て分かると思いますが、実にあっさりとしたページで、ほとんど情報がありません。コンテンツはゼロに近く、あるのは、検索入力フォームと、ボタンだけです。

つまり、非常に優れた独自の検索システム1つだけで、これだけのアクセスを生み出しているのです。

「独自」いわゆる、オンリーワンというのは、非常に重要なポイントです。なぜなら、そのサイトにアクセスしない限り、そのサービスを受けられないからです。


訪問者の中には、必ず、そのサービスを気に入る人もいれば、気に入らない人もいます。

もちろん、「気に入る人」であれば、またアクセスしてくれるかもしれません。逆を返せば、より多くの人が気に入るようなサービスを提供すれば、アクセスアップしやすいということです。

それでは、多くの人が気に入るサービスとは何なのか?

それは、ずばり、訪問者に何らかのメリットを提供するサービスです。


そして、そのメリットを実感するための制約が少なければ少ないほど、気に入る人は多くなります。

Googleを見てみましょう。検索は誰でも無料で、自由に行うことができます。この気軽さが、Google検索の大きな人気であることは間違いありません。


もう一つ、重要なポイントは、サイトの表示速度です。

Googleは、非常に高速な検索速度を持っています。なぜなら、Googleは、この検索速度を非常に重要視しているからです。

Googleのサービスは、なんと8000台のLinuxマシンに支えられています。そして、1つの検索に対して、150台ものマシンが同時に稼動するとまで言われています。これは、ひとえに、検索速度を高めるためのものです。なぜ、速さにこだわるのでしょうか?

ホームページにおいて、表示速度は、速ければ速いほど良い。からです。

逆に、ある程度以上遅いと、訪問者は来なくなってしまいます。

ページの表示までに人間が我慢できるのは、10数秒が限界と言われています。これ以上経ってもページが表示されない場合、訪問者はさっさと「戻る」ボタンを押して他へ行ってしまいます。これでは、アクセスアップどころではありません。

ポイントをまとめますと、Googleのアクセスの秘密は


独自のサービスであること

訪問者に何らかのメリットがあること

気軽なサービスであること

表示速度が速いこと


ということになりそうです。




オリジナルページ:週末起業できる!アフィリエイト×アクセスアップ
http://www004.upp.so-net.ne.jp/htkt/memo/1-12.htm

出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]
著者:htkt [ 作成:2007-01-13 ]
http://www.freearticle.jp/contents-5.htm

21:20  |  アクセスアップ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.22 (Thu)

ゲーム理論によるアプローチ

『節約術!!ガス料金見直してみませんか?』


ゲーム理論によるアプローチ




環境問題というと、温暖化以外に、気候の変動、海水面の上昇、海流停止の恐れ、生態系への影響などが指摘されています。


ここでは、具体的な現象を取り上げるのとは少し違ったアプローチで環境問題を考えてみたいと思います。


○ゲーム理論によるアプローチ

買い物しようと町まで出かけたら 財布を忘れて 愉快なサザエさん


もし、このサザエさんが、タラちゃんの「教育」を忘れてしまっていたらという、現実的にありえない想定の中で、物語を作ってみましたのでご覧下さい。


20XX年、タラちゃんは中学校に入学しました。


タラちゃんがもってきた、入学後すぐに行われた実力テストの結果を見て祖父である浪平は愕然とします。


「なんだ、この成績の悪さは・・・(汗」


と、そこへ買い物にいったはずのサザエさんが返ってきました。理由はもちろん財布を忘れたからです。


「また、みんなに笑われちゃったわ。じゃ、もう一回買い物いってくるから、お父さんお留守番お願いね!」


という言葉を残して、鼻歌を歌いながら出かけていくサザエの後姿を見て、浪平はわが娘への教育の失敗を素直に認め、タラちゃんには同じ轍を踏ませてはいけないと心に誓います。


ところで、サザエさんが暮らしている町には、少子高齢化の影響で今では高校は2校しかなく、一方は進学校であり、学費の安い公立高校、もう一方は公立高校に入れなかった子供が通う学費の高い私立高校です。当然、この町では、普通の親は誰でも、わが子には公立高校に行ってもらいたいと考えていますが、タラちゃんの現在の成績では公立高校は絶望的です。


ただし、両親(サザエとマスオ)が一致団結してバックアップすればまだまだ挽回の可能性もありそうです。近所に実績のある塾があるからです。


この塾の月謝は3万円。

一方、公立高校と私立高校の学費の差は、4万円/月します。


浪平は一計を案じ実行しました。


まず、サザエさんとマスオがどれほど真剣にタラちゃんの将来を考えているのかを計る意味も込め、お互いに一切相談できない状態にして、タラちゃんを塾に通わせるかどうかについての質問をします。


また、その際に、以下のような提案をしてみます。


①二人ともタラちゃんを塾に通わせたいと申し出た場合は、浪平が月々1万円の援助をする

②どちらか片方でも、塾に通わせる考えがないときは、援助はしない


少し話を整理してみます。


・二人とも、塾に賛成の場合、月謝の3万円の内、浪平が1万円負担してくれるので、サザエさんとマスオの負担はそれぞれ1万円ずつ、夫婦合計で2万円となります。


・二人とも塾に反対した場合、タラちゃんの公立高校への入学は絶望的となり、学費の差額分4万円の積み立てを今から始めなければなりません。浪平からの援助もないので、サザエさんとマスオは2万円ずつの負担増となります。


・一方が塾に賛成し、もう一方が反対した場合、この場合も浪平からの援助がなく、賛成した方が塾の月謝3万円を負担することとなります。


結果は、浪平の1本しかない毛髪を逆立たせる内容でした。

サザエさんもマスオも塾には通わせないと申告してきたのです。


結局、浪平は微々たる年金をやり繰りして月謝を全額負担し、タラちゃんを塾に通わせました・・・


「そんな馬鹿な」というあなたの直感も正しいと思いますが、サザエさんとマスオの出した結論にもきちんとした論理的な裏づけがあるのです。


その論理とは・・・興味のある人は、「簡単ダウン獲得法」の第4章を参照してください。

(ダウンロードは http://taiken-course.seesaa.net/ )


この答えを知った上で、この話の中の、

・ タラちゃんの成績を地球環境問題に

・ サザエやマスオの負担をわれわれの環境問題に対するコスト(費用・労力)に

・ 浪平の存在を経過時間と問題の深刻化の関係に

それぞれ置き換えると環境問題を考えるいいヒントになりますよ!





オリジナルページ:体験コースツールダウンロード
http://taiken-course.seesaa.net/

出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]
著者:E-LIFE GROUP [ 作成:2007-01-19 ]
http://www.freearticle.jp/contents-47.htm

テーマ : 海外で育児 ジャンル : 育児

02:03  |  アクセスアップ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。