2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.16 (Fri)

効果的な広告の位置はどこ?

効果的な広告の位置はどこ?




ホームページに広告を貼る場合、どこに貼るのが効果的かご存知でしょうか。

やっぱり、一番上なんじゃないの?と思われるかもしれませんが、以外とこれがそうでもありません。

広告の効果は、コンテンツのニーズと広告のマッチングで決まると思っています。

つまり、コンテンツがあって、その中に、広告に頼らなければいけないようなニーズが発生する場所の近くに広告が配置されていれば効果的なのです。

一般的に、ページは縦使いです。つまり、コンテンツ部分は、おそらくほとんどが縦に長い形状をしています。このコンテンツの中のニーズが発生する近くといえば、当然コンテンツの中か、その横しかありません。

なぜ上がそれほど効果的でないかというと、訪問者の行動は、まず広告を見てから、コンテンツを見るという順番になってしまいます。

すなわち、コンテンツのニーズをを理解した上で広告を発見するという順番にならず、偶然の運に頼らざるをえなくなります。この「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」状態になってしまう所が、上を選択することのデメリットではないかと思います。

私はコンテンツの中か左右、このどちらかが一番効果が高い位置ではないかと思っていますが、個人的には、コンテンツの右か左に広告を集中させてしまい、コンテンツはコンテンツですっきりまとめる、というスタイルが美しいページ演出ができて好きです。

ブログのページも、コンテンツ重視のレイアウトデザインになっていますが、ほとんどがページを縦に3分割したような構成になっていると思います。

このレイアウトは、主に文章を主体とするコンテンツ構成に向いています。なぜかというと、1行あたりの文字数をある程度しぼって、横幅を狭くしたほうが、読みやすい文章になるという効果もあるからです。まさに、アフィリエイト向けの一石三鳥のページデザインと言えます。

コンテンツで訪問者の注意を引きつけたあと、さりげなく一番下に広告を配置するのも、意外と効果的です。

ただし、この方法はコンテンツを飽きさせないものにしないと、コンテンツをみている途中で他のページに逃げられてしまうので注意が必要です。コンテンツのテンションを持続できそうだと感じれば効果的になるでしょう。




オリジナルページ:週末起業できる!アフィリエイト×アクセスアップ
http://www004.upp.so-net.ne.jp/htkt/memo/3-70.htm

出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]
著者:htkt [ 作成:2007-01-29 ]
http://www.freearticle.jp/contents-86.htm

スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムOO ジャンル : アニメ・コミック

01:09  |  アフィリエイト  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://raijima2000.blog95.fc2.com/tb.php/30-dc1f28a9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。