2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.17 (Sat)

逆指値とは:株の注文方法

逆指値とは:株の注文方法




逆指値とは、通常の指値注文とは逆で、指定した価格より株価が高くなったら「買い」、安くなったら「売る」ことができるという注文方法です。


普通の指値注文とは逆のパターンになることから、逆指値と呼ばれます。

逆指値の主な目的は「利益確定」と「損失限定(ロスカット)」です。


1.利益確定機能


例えば1000円で買った株が現在1100円になっているときに、1050円で「逆指値売り注文」を出しておきます。

これは「株価が1050円以下になったら売る」という意味で、株価が1050円以下になったときのみ注文がなされます。

現在1100円の株をわざわざ1050円で売る注文機能なんて一見おかしく見えますよね?しかし実際株式売買を始めてみるとこういう機能の必要性を感じます。

どういうときに必要になるのかというと、


「この株はまだあがるんじゃないか?? 」


と思うときです。


今回の例で言うと、

「今は1100円だけれども、明日には1200円、1300円になるかもしれないので、今売るともったいないんじゃないか?

でも、もしかしたら明日には900円に下がっているかもしれない。

それは嫌だ。最低1050円で売って、50円の利益は確保したい」

というようなときです。


今日以降下がることなく、1200円になっていれば売り注文は執行されませんから、売り急ぐことなく逆指値を入れておいて正解だったということになります。

もしその後暴落して、900円になったとしても1100円から1050円に落ちたタイミングで売り注文がなされますから、一定の利幅は確保されるというわけです。


2.損失限定(ロスカット)機能


これも利益確定機能と本質は同じですが、1000円で買った株が現在900円になっており、100円の含み損を抱えているとします。

この段階であなたは


「この株はもうじきあがるはずだからなるべく今の株価では売りたくない。しかし800円まで下がったらもうこれ以上含み損を抱えれない。」


と考えているとします。


こういうときに800円で逆指値で売り注文を出しておきます。

すると、株価が予想通り上昇したときはそのまま保有し続けれます。

逆に700円まで下がったときには、800円の段階で売り注文が執行され、損失を限定することができます。


私が主に使うのは上記2つの機能ですが、チャートなどを見てテクニカル分析をする方は、「この値段を抜ければ一気に上昇相場に突入する」という上値の抵抗線というものがあるらしく、「この上値の抵抗線より高値が付いたら買い」という逆指値買い注文もするそうです。


逆指値は状況に応じて使うことで、投資効率が非常に高くなります。

少なくとも一つは逆指値注文が使える証券会社に口座を開いておくことをおすすめします。


【逆指値注文が使える証券会社】

・イートレード証券

・マネックス証券

・楽天証券

・カブドットコム証券

・岩井証券





オリジナルページ:株で結婚資金を貯めるサラリーマンのブログ
http://kabuyokinfx.blog114.fc2.com/blog-entry-36.html

出典ページ:フリーアーティクル[著作権フリー記事配信]
著者:ライト [ 作成:2007-10-14 ]
http://www.freearticle.jp/contents-382.htm

スポンサーサイト

テーマ : トリックスター0(ラブ) ジャンル : オンラインゲーム

09:45  |  株・FX・外貨  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://raijima2000.blog95.fc2.com/tb.php/46-be44f867

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。